あいだ希望クリニック

TEL

不妊治療について

当院の最先端不妊治療

心身に負担の少ない自然周期法

日本の高度医療技術の不妊治療方法

毎周期排卵される卵子は、本来赤ちゃんになるべき卵子です。
数多くある卵子の中から、身体が選びます。
排卵誘発剤を用いることは、質の悪い卵子が増えることになるため自然周期法を用いることが良いと言えます。

排卵誘発剤を用いずに、自然に排卵する卵子をもちいる不妊治療の一つです。
体外受精においては、排卵する直前に卵子が回収できるようになりますので、その時間に採卵を行います。自然に選ばれた卵子は、本来赤ちゃんになるべく卵子なので、その質はもっとも良いと思われます。


メリット
  • 自然排卵のため、卵巣に対する負担は全くなく、からだにやさしい
  • 採れる卵子は、本来赤ちゃんになるべき卵子なので、赤ちゃんになった時は自然
  • 妊娠と同じと考えていい
  • 自然妊娠と同様のため、こころにやさしい
デメリット
  • 採ることが難しいため、正確な排卵時期の予測と採卵技術が必要
  • 受精卵にならないこともあるため、受精環境・技術が必要

自然周期法を専門とする数少ないクリニック

採卵できる時期が一周期に数時間と少なく、予想するには、ホルモン値を正確かつ迅速に知る必要があります。
残念ながら、そのことをできる病院はほとんどありません。
また、排卵時間がわかったとしても、一つの卵子をしっかり採る技術、受精させる環境・技術が必要になります。

この不妊治療を行える病院は、日本のみならず世界中にも数施設しかありません。

受精卵と着床環境をきわめる

よい受精卵とは?

受精卵は卵子と精子が受精できます。
卵子と精子がともに良くないと良い受精卵となりません。

卵子は自然周期で自然に選ばれた卵子が良いと考えます。
精子は顕微授精よりも体外受精の方が、卵子による選別の分、良い精子の可能性が高いと考えます。
体外受精の妊娠率が顕微授精より高いのはそのためであるとも。
そのため、良い受精卵にするには、自然周期法による体外受精を行うことが重要になります。


よい着床環境とは?

着床は受精卵が子宮内膜に根を張ることです。
子宮内膜が良い状態であることが重要です。
内膜ポリープや子宮筋腫など、物理的に阻害するものがないこと。内膜炎があることも影響をあたえます。
また着床は免疫反応の一種とも考えられます。
着床を手助けするサイトカインなどの状態も重要になります。

当院では、子宮鏡検査で、ポリープ・筋腫・内膜炎などを確認しています。
着床不全スクリーニング検査として、あるサイトカインを調べ妊娠率向上に役立てています。

成果報酬型料金設定

日本で初めての料金体系 「体外受精培養後期負担金制度」

不妊治療の中でも体外受精はお金がかかるからと、なかなか踏み込めないかもしれません。
そこで、当クリニックは料金の一部を妊娠時にお支払していただくという「体外受精培養後期負担金制度」という料金体制を導入しています。

日本ですべての患者様に例外なくこの料金体系を適用したのは当クリニックが初めてです。

一般的な不妊治療

ほとんどの施設で行われる不妊治療は、ステップアップ療法という方法です。
具体的には、まずはタイミング療法、つぎに人工授精、そして体外受精・顕微授精と進みます。
不妊検査により明らかな原因があれば、それに応じた治療になります。ただ実際には、検査では異常なしと出る場合が非常に多いです。
そのためステップアップ療法を行う確率は高くなります。

排卵誘発剤

世界で最もポピュラーな不妊治療方法

卵巣に刺激を与え、卵胞の発育を促し発育数を増やす薬のこと。ステップアップ治療のどの段階でも使うことがあります。
現在のところ、内服薬、注射薬があります。


メリット
  • 排卵が起きる可能性があがる
  • 排卵する卵子の数が増える
デメリット
  • 残存する卵子の数が減り、閉経が早まる
  • 排卵する数が増えるので多胎の可能性があがる
  • 卵巣過剰刺激症候群など重篤な副作用がある
  • 排卵周期が乱れるので治療できない期間ができる

身体的な負担

これまでの不妊治療では卵巣に刺激を与え、卵胞の発育を促し発育数を増やすので、それだけ卵巣にダメージを残すことが考えられます。
一生に排卵する卵子の数はだいたい決まっていますが、たくさん排卵すれば、それだけ残りが減り、閉経が早まる可能性があります。

また、排卵後の周期は卵胞が育たないなど、数周期、治療ができないことがあります。周産期リスクが大きく高まります。排卵する卵子に関しても、本来排卵するべき卵子ではないので、染色体や遺伝子に異常がある可能性が考えられます。

卵巣過剰刺激症候群は、卵巣が腫れるのみならず、腹水や胸水がたまり呼吸困難や脳梗塞などが起きることもあり、命にかかわることも起こり得ます。

そして、排卵誘発剤を用いてタイミング・人工授精を行った場合、排卵する数が2つ以上なら、多胎の可能性が高まります。
特に品胎以上※だと、周産期リスクが大きく高まります。

※三つ子以上の妊娠のこと

様々な不妊治療の比較

  あいだ希望クリニックの自然周期法 排卵誘発剤
身体的負担 自然に出てくる卵胞を穿刺(採血とほとんど同じ)卵胞は1つ、卵巣に負荷はかけない × たくさん卵胞をつくる、卵巣に対する負荷大、採卵時に卵胞穿刺数が多いため麻酔をしなければいけない
通院の回数 採卵前に1-3回 × 排卵誘発剤の注射のため、連日来院が必要なことも
経済的負担 排卵誘発剤のコストなし × 排卵誘発剤の注射のコスト大、採卵数が増えれば、体外受精のコストも上がる
妊娠の確率 卵1個あたりの妊娠率は高いが、移植できないこともある 卵1個あたりの妊娠率は低いが、数が多くとれれば累積妊娠率はあがる
安全性(母体副作用) 採血と同様のためほとんどなし × 卵巣過剰刺激症候群、腹腔内出血・感染など重篤な合併症がおこりうる。また麻酔によるトラブルの可能性も
安全性(子への副作用) 排卵誘発剤を使用しないので、卵子は本来排卵して赤ちゃんになるべきものなので、自然妊娠とほぼ同様 × 本来排卵しない卵子を採卵するため、卵子異常により先天異常のリスクは高まる
治療条件   排卵があることが必要   排卵遅延・無排卵の方には、必要になることも但し卵巣予備能が低い場合は、早発閉経を招く要因になる

自然周期治療

毎周期排卵される卵子は、本来赤ちゃんになるべき卵子です。
数多くある卵子の中から、身体が選びます。
排卵誘発剤を用いることは、質の悪い卵子が増えることになるため自然周期法を用いることが良いと言えます。

排卵誘発剤

卵巣に刺激を与え、卵胞の発育を促し発育数を増やす薬のこと。
ステップアップ治療のどの段階でも使うことがあります。

現在のところ、内服薬、注射薬があります。