あいだ希望クリニック

TEL

お知らせ閉院のお知らせ

これまで安心安全な医療を提供できるよう、そして皆様がその胸に我が子を抱くことができるよう、全力で診療に取り組んでまいりました。しかし、挙児を望む患者様に期待されて生殖補助医療を担う医師として、特に自然周期での診療を提供する医師として、診療を中断するという事態となり、多くの患者様にご迷惑をお掛けしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

昨年、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症し、投薬等によりこの病気と闘ってまいりました。しかしながら、今年に入ってから体調がすぐれないことが多く、過労も重なり、7月には休診せざるをえない状況となりました。身体を休め、診療再開を目指してまいりましたが、短期間での回復は難しく、休診の延長を余儀なくされました。医師でありながら自身の体調管理が行き届かず、患者様にご迷惑お掛けいたしましたことを、大変申し訳なく思っております。

このような状況下で私の診療再開の目途が立たないことから、一時的に代診医師による診療としましたが、あいだ希望クリニック本来の医療を希望してくださる患者様のご期待に沿うことができないこと、私の体調が万全な状態に回復する目処がたたないことから、閉院を決断いたしました。

妊娠を望まれ当クリニックを選択していただいた患者様のご期待にお応えできず、本当に申し訳なく思っております。

治療のため凍結胚(および配偶子)を保存している患者様には、別紙をご郵送にてご案内申し上げます。ご理解ご協力をお願い申し上げます。

あいだ希望クリニック
院長 会田 拓也