あいだ希望クリニック

TEL

お知らせ

お知らせ保険での移植周期取り扱いについて

令和4年3月31日までに胚を凍結保存している患者様におかれましては、保険での移植周期取り扱いについて検討いたします。
保険移植周期をご希望の患者様は、受診予約の前に、必ずお電話でのお問い合わせをお願いいたします。

保険診療(治療開始日から判定日まで*1)は、受診日においてのみでなく、治療周期中において混合診療が認められておりません。
そのため、治療方法が患者様それぞれに最適な選択にならない可能性がございます。
尚、当クリニックでは、今後、上記の保険移植周期取り扱いを中止し自費診療のみの取り扱いとする場合もございます。
その際は、HP上でお知らせいたします。ご了承ください。

****

*1 判定日以降は自費診療です。
また、当クリニックの自費診療(体外受精培養後期負担金制度)で凍結保存した胚で妊娠卒業するときは妊娠達成代を請求いたします。


****【保険移植周期について】
保険移植周期をご希望の患者様は、受診予約の前に、必ずお電話でのお問い合わせをお願いいたします。
以下についてご説明いたします。


(1)この保険制度は、不妊治療を行う医療施設での診療すべてが、保険適用になるわけではありません。
 保険治療周期開始日までに保険適用外で通院が必要です。
 ・不妊の診断
 ・治療前の感染症検査
 ・治療周期開始までの検査
 ・治療周期開始までの保険適応外の治療
(2)保険適用での治療は、治療開始日から判定日までとなります。判定日以降は、自費診療で行われます。
(3)当クリニックで保険治療周期を実施する場合、以下の自費扱い項目をお取り扱いできません。
 ・スクラッチング
 ・タクロリムスの処方
(4)治療周期開始までに感染症検査(保険適用外)を受けていただきます。
(5)治療周期開始日に「保険診療IVF説明・同意書」「治療計画」についてご夫婦の同意が必要です。ご夫婦でご来院ください。
(6)治療周期開始日にご夫婦の(法律婚、事実婚どちらの場合も)婚姻関係を書類でご確認させていただきます。
(7)保険移植周期の治療では、注射などでの刺激周期を行います。
(8)自費診療で凍結保存された胚を用いて移植し妊娠した場合、当クリニック卒業時に妊娠達成代をご請求いたします。