あいだ希望クリニック

TEL

お知らせ保険診療について

本年4月から不妊治療の保険診療が開始されました。
あいだ希望クリニックでは、4月以降、一時、生殖補助医療の保険治療周期を行いましたが、今後は、自費診療のみでの治療とさせていただきます。

保険診療では保険適応で実施をすることに重点を置く治療となるため、その枠組みでは承認される薬にも制限があり、検査、治療も、特に自然周期をご希望されて当クリニックを選ばれている患者様には、必ずしも十分に行えません。
自然周期での治療は、患者様に合わせた治療時期を見極めるためのホルモン値測定を適切に行うことがポイントとなりますが、それを保険適応内で実施することは極めて困難であるということを懸念しております。

生殖補助医療の保険診療が開始されたことは、この分野がより多く注目される機会となり、治療を必要とするご夫婦の挙児を得る機会を広げ、患者様の期待も大きいと考えます。そのような中で保険診療を取り扱わないこととしておりますが、自然周期での治療が当クリニックの理念でございますので、皆さまのご理解をいただけますと幸いです。

なお、2022年3月31日までに胚を凍結保存している患者様におかれましては、保険での移植周期取り扱いについても検討をいたします。ただ、保険診療(治療開始日から判定日まで計画します。*1)では、受診日においてのみでなく、治療周期中において混合診療が認められておりませんので、治療方法が患者様それぞれに最適な選択にならない可能性がございます。
*1 判定日以降は自費診療です。また、当クリニックの自費診療(成功報酬制度)で凍結保存した胚で妊娠卒業するときは妊娠達成代を請求いたします。
また、今後、上記の保険移植周期取り扱いを中止し自費診療のみの取り扱いとする場合もございます。その際は、HP上でお知らせいたします。ご了承ください。

今後とも当クリニックの診療にご理解いただけますようお願い申し上げます。