あいだ希望クリニック

TEL

不妊検査について

ホルモン値検査

採血をして、ホルモン値を測定します。
脳下垂体ホルモン(LH、FSH、プロラクチン)、卵巣ホルモン(エストラジオール、プロゲステロン)の数値を測定し、基礎的なバランスなどに問題がないかを確認します。
月経3日目の検査は、その周期の治療の可否、排卵誘発剤使用の有無を決めるために行います。それ以降は、排卵するのはいつかを正確に知るために行います。

超音波検査

超音波で卵胞の発育や子宮の状態を確認します。
月経3日目の検査は、遺残卵胞や胞状卵胞の数で、その周期の治療の可否、排卵誘発剤使用の有無を決めるために行います。それ以降は、卵胞計や卵胞数から、ホルモン値検査とあわせて排卵時期を確実に把握するために行います。

ヒューナテスト

排卵期の夜にタイミングをとっていただき、翌日午前中に頸管粘液中の精子数と動きを顕微鏡で検査します。
この検査は排卵や性交の時期により、結果が変わってしまうことがあります。そのために正確な排卵時期に行う必要があります。

卵管通水検査

細いカテーテルを子宮内に挿入し、生理食塩水をいれて、超音波下に卵管の通過を確認する検査です。

着床不全スクリーニング検査

❶ サイトカイン検査 血液中のサイトカインを計ることで、着床に適した内膜環境か調べます。
値によって、対処の方法が異なります。

❷ 子宮鏡検査 細い検査用の子宮鏡を子宮内に挿入し、内膜の状態や内膜ポリープの有無などを確認します。
外来で5分ぐらいで行います。